厳しい医療現場

実際の医療現場がどうなっているのかなんて
想像もつきませんでした

 

 

看護学生の時でさえも、でした

 

そのぶん、看護師の仕事の現状とか、現役の看護師から話を聞く機会なんて
なくて、実際の仕事をイメージ化できなくて
自分の中で看護師の仕事を勝手に美化していたように思います

 

だから2回目の国家試験も頑張れたのかもしれませんが
やっと免許を取得して病院に就職してみたら
自分のイメージとは全く違っていて
汚いし、危険だし、意外と給料は安いし、人間関係はひどいし
物事の判断、優先順位を整理しながら大量にある仕事を
時間内に終わらせないといけないし
まさに「医療現場は修羅場」でした

 

もちろん少しでも間違えたら責任をものすごく問われます

 

結局、このような環境なので、看護師として配属されても
数か月で退職した同僚も何人も見てきました

 

特に病院で働く看護師は毎日が戦いなのです

 

体力的にもものすごくしんどい仕事です

 

これだけ聞くと、看護師の仕事に対する嫌悪感まででてきそうですが
私は、ここまで大変な思いをしても、自分が看護師と言う職業を選んだことに
後悔はありません

 

こういう経験があったからこそ、自分が本来目指していた
本当の看護の形が見えてくるものなのです

 

現場の看護師は、毎日考えています

 

「何が本当の看護なのか?」
「この人にとってどうしてあげることが看護なのか?」

 

これが絶対と言うものがない看護の形を見出そうとしています

 

人の命に係わり、責任も重いですが、
だからこそやりがいがあるのです

 

人を助ける技術を与えられて、
いろんな人にもまれて自分も人として成長できた

 

あなたも究極の看護を目指して、今一度頑張ってみませんか?

もう、どうしたらいいかわからない。。。


 

「看護師国家試験不合格になって、
もうどうしたらいいか全くわからない・・・」

そんなあなたのために
あなたの合格を応援しています!

個別相談やってます

・不合格だった問題点の洗い出し
・問題点の整理
・勉強の仕方の改善
・スケジュールの立て方
・健康管理、ライフスタイルの改善


などなど、あなたのお困りな部分に、個別にフォーカスしていきます


>>個別相談のお申し込みはこちら<<




自己紹介 個別相談について 個別相談申し込み 問い合わせ