看護師国家試験合格への道

厳しい就職

今は看護師として働く人数も、養成学校も増えてきているので、
自分の周りに看護師がいることが、
あまり珍しくはなくなってきています

 

 

私が看護師になりたての時代は、そんなに看護師が多くなくて
医療機関からもひっぱりだこでした

 

就業のための面接に行けば
ほとんど無条件に採用されていました

 

少子高齢化の時代なので、保育士になるよりも
就職率が高いので、と言う理由で、
医療系を選択している人もいるくらいです

 

でも、そんな時代から、あっというまに10年以上が経過して
今、どんな変化が起こっているかと言うと・・・

 

看護師という有資格者がおおくなってきたので
医療機関での就職や就業が難しくなってきています

 

これは、ただ単に競合が高くなってきたわけではありません

 

看護師が増えてきたので、医療機関は採用する看護師を選びます

 

その中で、
・持病がある
・○年ブランクがある
・小さい子供がいる
・新婚
・人間関係の構築が悪そう

 

看護師に、こういうところがみうけられると、
採用を拒否してくる医療機関も多くあります

 

もちろん、「自分の環境周辺ではそんなことはない!」と
言う人もいるでしょうが
これは実際に自分やその周辺の人が経験したことなのです

 

しかも、これは昔の話ではなく、つい最近の話ですよ

 

どの医療機関もかなり厳しい状況にあって
今を生き残っていくために毎日必死なのです

 

日本はかなりの不景気状態にあるので
休まずに元気でパワフルに働ける人を雇って
最小限で運営して、経費を削減したいのです

 

採用しても、「いまいちだ」とちょっとでも思われたら
すぐに契約を終了されて、辞めさせられてしまいます

 

医療機関側も、「この人が辞めても他に看護師はたくさんいる」
という感覚に変わってきています

 

これが、全てと言うわけではありませんが
今の看護師の就業の現実です

 

かなり厳しいですが、自分にあう就業先を
地道に探していくしかありません

 

新卒の人はできるだけ、規模の大きい有床病院で
働くことをお勧めします

 

そういう現状をふまえつつ
若いうちに、できるだけより多くの看護師経験
社会経験を積んでください

 

そのあとは、いくらでも好きなことができるので
自分の看護師像を追い求めていってください

 

もう、どうしたらいいかわからない。。。


 

「看護師国家試験不合格になって、
もうどうしたらいいか全くわからない・・・」

そんなあなたのために
あなたの合格を応援しています!

個別相談やってます

・不合格だった問題点の洗い出し
・問題点の整理
・勉強の仕方の改善
・スケジュールの立て方
・健康管理、ライフスタイルの改善


などなど、あなたのお困りな部分に、個別にフォーカスしていきます


>>個別相談のお申し込みはこちら<<




自己紹介 個別相談について 個別相談申し込み 問い合わせ