国家試験は通過点

 

私が看護学校の時にも言われた言葉ですが、

 

「国家試験は通過点でしかない」

 

看護師として働いていくためには国家試験に合格して免許を取得しないと
いけないので、大切ではありますが
もっと大事なのは試験に合格した後、医療現場に出て働きだしてから

 

国家試験対策をしているときは、自分との戦いです

 

でも、医療現場に出たら、毎日が修羅場

 

私も振り返ってみたら、国家試験対策の勉強なんて
病院で働き始めたときに比べたら、全然大したことなかったと思います

 

国家試験の内容は、本当に基本的な内容ばかり

 

医療現場に出たら、毎日それ以上にわからないことだらけ

 

免許を取得してからが本番なんです

 

だから落ち着いて、基礎固めをしていきましょう

 

将来自分がどんな看護師になるのか、頭でもっと将来の看護師像を見据えていきましょう

 

スタートが遅かったからと言って、
職場の人からそれを嫌味に言われたりすることはありません

 

実際私も職場の人から「あなた国家試験浪人してるのよね〜」とか
一度も言われたことはありませんでした

 

今は看護学校を卒業している状態です

 

何にも阻まれるものはありません

 

計画をねる時間も、勉強する時間もたくさんあります

 

これから1年間、どのように行動していくのかしっかり考えましょう

 

私の場合、1年間またしっかりと勉強できたので、
学生だったときよりももっと沢山勉強することができました

 

なので、一発で合格した人よりも、基礎知識はたくさんあると思っています

 

なので、現場に出てからその知識はかなり役に立ちました

 

不合格になった人は、この1年を、ただガッカリしてすごすのではなく
自分のために与えられたものとして、有意義な期間にしてほしいと思います

 

次回の試験までの1年間はあなたにとって大きな宝になると断言します!

 

あきらめないで、頑張っていきましょう!

もう、どうしたらいいかわからない。。。


 

「看護師国家試験不合格になって、
もうどうしたらいいか全くわからない・・・」

そんなあなたのために
あなたの合格を応援しています!

個別相談やってます

・不合格だった問題点の洗い出し
・問題点の整理
・勉強の仕方の改善
・スケジュールの立て方
・健康管理、ライフスタイルの改善


などなど、あなたのお困りな部分に、個別にフォーカスしていきます


>>個別相談のお申し込みはこちら<<




自己紹介 個別相談について 個別相談申し込み 問い合わせ