年間スケジュールを立てよう

 

次回国家試験までの1年間の具体的なスケジュールをたてましょう

 

スケジュール例

 

4月5月   自宅環境を整理整頓
        試験で弱かった部分、ミスした部分を見直し
        仕事と勉強の割合を考えて、生活のプランをたてる
        予備校を決定する
6月〜    仕事、勉強を開始
8月までに基礎知識は全般やっておく
8月     夏期講習へ参加する 
        模擬試験を受けて弱いところを確認
        弱いところを集中的に勉強
10月〜   仕事は控えめにして勉強の割合を多くする
        問題の全体的な見直し
12月    冬期講習へ参加する
        模擬試験を受ける
        弱いところを再確認
        国家試験を全体を通して何度も解く
1月      試験の申込手続き<

        試験会場の確認
        全体の見直し<
2月     本番に向けて体調を整える
        試験の準備 持参物などなど
        試験本番!!

 

勉強の部分は各個人でもっと具体的に計画しましょう

 

例えば、「○月は解剖生理学を○○社の問題集で集中的にする」とか

勉強の仕方は人それぞれですが、

 

 

知識だけを詰め込むのは絶対ダメ!

 

 

私も、最初詰込み型の勉強方法で失敗しました

 

国家試験という選択制の試験をうけるので
国家試験の過去問をメインとしてそれを広げるような形でやっていくと
問題を解くことに慣れやすくなります

 

「1年間の計画を立てるなんてメンドクサイ」
と思うかもしれませんが、
計画を細かく立てていかないと
看護師国家試験は勉強しないといけない範囲が広く、多いので
どこまでどの程度できているのかわからなくなってしまいます

 

整理する意味でも、スケジュールは細かく立てていきましょう

 

予備校は行くべきかどうか?

 

1年の間に予備校に行くかどうかですが
私は確実にいったほうがいいと思います

 

  • 試験に関する情報が入ってきやすい
  • 試験内容の解説をわかりやすく、丁寧にしてくれる
  • わからないことがあったら質問することができる
  • 持続的な勉強の刺激をうける環境ができる

 

通いが難しかったら、今は通信制とかもあるみたいなので
そういうのも利用してもいいですが
本番の雰囲気に慣れるために、できるだけ通学したほうがいいです

 

ぜひ検討してみてください

もう、どうしたらいいかわからない。。。


 

「看護師国家試験不合格になって、
もうどうしたらいいか全くわからない・・・」

そんなあなたのために
あなたの合格を応援しています!

個別相談やってます

・不合格だった問題点の洗い出し
・問題点の整理
・勉強の仕方の改善
・スケジュールの立て方
・健康管理、ライフスタイルの改善


などなど、あなたのお困りな部分に、個別にフォーカスしていきます


>>個別相談のお申し込みはこちら<<




自己紹介 個別相談について 個別相談申し込み 問い合わせ